入所方法とFAQ(よくある質問)
トップ 白百合ホームのご紹介 概要と沿革 入所方法とFAQ 地域子育て支援事業
お問い合せ

トップページ > 入所方法とFAQ(よくある質問)


白百合ホームに入所するには

あなたが住んでいる住所地を管轄する福祉事務所にお申し込みください。(例えば、大館市民の方は大館市福祉事務所です。)お分かりにならない方は地域の民生児童委員にご相談くださるか、直接白百合ホームにお問い合わせください。

お問い合せはこちら



よくある質問

みなさんの疑問・質問にお答えします。その他の質問につきましては白百合ホームまでお問い合わせください。


入所について 子どもについて 施設について


入所について
毎月の費用はどのくらいかかるのですか?
白百合ホームの利用料は、市県民税や所得税を納付している方以外はかかりません。ご自分の部屋で使用した電気・水道・ガス・灯油代はメーターによって計算し、ご本人に負担していただきます。

自動車の所有や使用に制限はありますか?
生活保護法で規制が加えられているなどの場合を除き、ご自分の生活を維持していくことができれば自動車の所有も使用も自由です。ただし、駐車場代が月500円ほどかかります。

白百合ホームにはいつまで入所している事が出来ますか?
自立が可能となった時点で退所となります。最大限子どもが20歳になるまでは、入所している事ができますが、実際のご利用期間は福祉事務所との契約期間となります(事情によっては延長が可能なこともあります)。


こどもについて
母親が働いている間、子どもの面倒は見てもらえますか
幼児さんのために保育室があり、専任の保育士がアットホームな保育を行っています。保育時間はお母さんの働いている時間に合わせ、また日曜・祝祭日の保育も行っています。お母さんが病気の時などの保育も行っていますのでご相談ください。
小学生は下校後、宿題をしたり自由遊びをしたりして過ごしています。専任の少年指導員がお世話をしています。また、毎週土曜日には「みんなの広場」という児童会活動があります。中・高校生に対しては、要望に応じて勉強のお手伝いをしています。

子どもの通院の代行はしてもらえますか?
お母さんが仕事で通院付き添いができない時、子どもさんの通院付き添いを代行します。(重症な場合はお母さんと相談してから決めます。)


施設について
職員は何人いるのですか?
施設長1名、施設長補佐兼主任母子支援員1名、母子支援員3名、児童支援員4名、保育士1名、合計10名の専任職員のほかに非常勤職員4名、非常勤清掃員1名、嘱託医1名の体制を組んでいます。

施設のお休みはあるのですか?
白百合ホームには施設としてのお休みはありません。職員は365日24時間体制で施設内におりますので安心して暮らす事ができます。

プライバシーは守られますか?
入所されている方のプライバシー保護には最大限の配慮をしています。手紙は個別の郵便受けに直接配達されるので、職員が手をかけることはありません。また、入所されている方々の個人情報を外部に漏らすことはありません。

お部屋の設備はどうなっていますか?
各部屋には台所、ガス湯沸器、換気扇、洗面台、水洗トイレ、暖房設備、靴箱、テレビアンテナ配線、電話配線、高消費電力用コンセント、インターホン(事務室との連絡用)などの設備があります。(部屋の内部については施設のご案内を参照ください)
お部屋にエアコンはついていますか?
エアコンはついていませんが、高消費電力器具用の配線をしていますので、個人的に取り付けることは自由です。

お風呂はありますか?
男女別の共同浴室があり、毎日入浴することができます。
入浴代は毎月定額(大人1,400円、小中学生1,000円、幼児700円)をいただいてます。

お部屋の暖房器具は自分で持ち込むのですか?
各部屋にはFF式の温風暖房機を備え付けてありますので、持ち込む必要はありません。
門限はありますか?
施設の管理上、門限は夜10時としています。

部屋の中で生き物を飼うことができますか?
鳴き声や臭い・アレルギー等のため、原則としてペットなどの動物を飼うことはできません。

宗教活動や政治活動・物品販売は自由ですか?
個人の信教・思想は自由ですが、施設での生活・行事等に支障のない範囲でお願いしています。また、施設内での勧誘・物品売買・集金等はご遠慮いただいております。

施設に不満・苦情があれば聞いてもらえますか
私たちの配慮不足などで、もしも不満・苦情が生じた場合には、苦情受付担当者、あるいは苦情解決委員に申し出てください。誠意を持って解決に当たらせていただきます。


その他、疑問や質問がありましたら、白百合ホームまでお問い合わせください。